ウォームアップ、アクティベーションプログラム例

更新日:8月3日

2021年度JRFU A級コーチ講習会S&C講義の補足資料として、

ウォームアップ、アクティベーション(筋肉の活性化)エクササイズプログラム例の動画をアップロードしました。


怪我の予防と、パフォーマンス向上のための安全で効果的なトレーニングのためには、

準備としての適切なウォームアップが不可欠です。



World Rugbyも推奨する適切なウォームアップのフレームワークRAMP


Raise:体温と血流を上げる。

Activate:主要な筋肉に神経のスイッチを入れる。(活性化、促通)

Mobilize:適切な可動域を確保する。

Potentiation:トレーニング、試合での強度をリハーサルする。


この中で特に、体の準備で大切なActivate(筋肉の活性化)とMobilize(可動性)

について、具体的なプログラムの一例の動画を紹介します。


股関節、肩甲帯のアクティベーション(活性化)エクササイズ

動画はこちらから


RAMPを含んだ小・中・高校生向けS&Cサーキットプログラム例

動画はこちらから


*自宅で行う前提のオンライントレーニング指導風景からの引用のため、その場で行う運動になっています。


*Potentiationの部分は、体の準備としての運動パターンのみ含まれるので、実際のラグビートレーニング前には、スプリント、スキル、コンタクトの準備を行う必要があります。


身体の準備としてのウォームアップや、成長期前中の小・中・高校生のトレーニングプログラムとして参考にしてください。


プログラム引用元:ストコン・オンライントレーニング


412回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示